スタッフ紹介

このたびは、足立区栗原にある下井接骨院のホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

ホームページ上でのご縁ですが、心より感謝いたします。

私は、下井接骨院の院長の下井 征典(しもい まさのり)と申します。

幼少期は非常に活発でケガの絶えない子供でした。
その度に近所の接骨院で「捻挫」や「打撲」の施術を受けていました。
それがきっかけで、幼いながらも接骨院の先生にあこがれを持っていました。

その後はサッカーに没頭し、昔の憧れはすっかり忘れていたいたのですが・・・

下井接骨院 足立区 サッカー
※写真はイメージです

ある日のこと・・・

高速道路上で渋滞の最後尾に付くとノーブレーキで10tトラックが突っ込んできたのです。
命は助かりましたが、大怪我を負いました。

トラック 交通事故
※写真はイメージです

その後、暫くは救急輸送された整形外科でお世話になっていましたが、
毎回担当医と1~2分の会話と痛み止め・湿布薬・・・

「私の体は快復するのか?」
と疑問を持つようになり、整形外科から接骨院の通院に変えました。
接骨院に転院してまず初めに驚いたことは、親身になって診てくださったことです。
さらに初回の施術で、数週間痛くて上がらなかった肩が楽々上がるようになったのです。
その後、担当してくださった先生のお陰で後遺症もありませんでした。
その技術と患者への思いやりに感動し、私はこの業界の門を叩きました。


業界入りして今年で21年

足立区栗原で下井接骨院を開業し8年が経過しました。
この8年間で沢山の患者さんとご縁を頂き、快復のお手伝いをさせて頂きました。
少しでも良いお手伝いができるように日本中を飛び回り、素晴らしい技術をたくさん吸収しました。
そのお陰で、私の健康に対する考え方や施術方法が大きく変わりました。

2015年に自分の変化に併せて院内も大きく変えたいと思い、近所ではありますが移転を決めました。
自分のスタイルが表現できる空間。
さらにお見えになる患者さんの居心地を自分なりに考え、形にしました。

院長 プロフィール

下井 征典 (しもい まさのり)  1977年 5月6日 生まれ

柔道整復師

好きな言葉 人間は在り方が大切である!

趣味    旅行 車 ゲーム 食べ歩き

下井征典 下井接骨院_S1C0555_

 

スタッフ紹介

鈴木 温心(すずき あつし)  1987年 7月3日生まれ

柔道整復師

好きな言葉  一期一会

趣味    お酒を飲みに行く事

 

 

©  足立区栗原の下井接骨院 All Rights Reserved.
PAGE TOP