交通事故専門治療

私は、過去4度も追突事故を受けました。
本来であれば運が悪い事、不幸が続きましたで終わってしまいますが
治療家としては、ある意味貴重な体験をしたと考えています。

被害者の気持ち・痛みが分かる

1つは、事故の衝撃、痛みを体感したこと
私の最初の事故は、18歳の時スキーに向かう小型車に乗車中10tトラックに後方より追突されました。
激しい衝撃や音と共に車が前方に飛ばされてガードレールに突っ込んでいきました。
幸い全員命に別状はありませんでしたが、私は首から左腕に痛み強い痺れが起こり、数日後には体中が痛く・怠くなりました。
その経験が現在交通事故に遭われた患者さんとの情報の共有、感覚の共有に繋がっています。

トラック 交通事故

保険会社との対応に自信があります

2つ目は保険会社保険会社さんの対応を知っているという事
4度の事故でそれぞれ1名、計4名の担当者さんと被害者としてやり取りができた事も大きな経験になりました。
さらに当院は保険会社の依頼により交通事故の調査も行っています。
このため、適切な期間、適切な施術が行えるようにしっかりとサポートいたします。

足立区の下井接骨院(整骨院)

私自身が痛めた経験を施術に活かしております

3つ目は、交通事故によってムチウチや腰部捻挫、腕の痺れを体験したことによって
どのようにしたらこれらの症状が後遺症が無く回復できるのかを自分の体で感じる事が出来ました。
その経験を活かし交通事故治療のスペシャリストとして日々施術をおこなっています。
ムチウチは痛いだろうな?と想像だけで施術をしていないという事です。

_S1C0457_

患者様の治療費の自己負担はゼロ円

自賠責保険の適応で患者さんにかかる治療費はありません。
患者さんは治療にだけ専念できるように下井接骨院では全面的にバックアップしています。
必要な手続きや治療のことで分からないことは、どんどん質問してください。

交通事故治療 足立区 西新井 鞭打ち

 もし、あなたやあなたの大切な方が事故に遭われたら

事故はいつ起こるか分かりません。
ほとんどのケースは相手車両の不注意で起こります。
近年はスマートフォンやカーテレビを見ながら運転をし、わき見運転での追突事故が増えています。

運転 カーナビ 交通事故 足立区

交通事故に遭ったらするべきこと

①相手の確認

相手車両のナンバー・ボディーの色・お分かりになれば車種をメモしてください
携帯電話のカメラで画像を残せれば尚良いと思います。
近年、当て逃げ(加害者が逃げてしまう)事も多いので警察の連絡前に車両の特定を優先してください。

交通事故の際にはメモを取る 足立区

② 警察に連絡

警察に連絡してください、その際【救急車】の手配も聞かれますので一緒に呼んでいただくと良いと思います。

交通事故の際は警察に電話しましょう 足立区

③ 現場の証拠保存

車両は動かさず、なるべく事故に遭った状況のままが望ましいです
渋滞が考えられる道路・時間帯の場合は携帯電話のカメラで保存してください
カメラの写真も当日の証拠として利用できます。

交通事故 証明写真 足立区 ムチウチ

④ 記録を残す

事故から数日経過すると記憶が曖昧になるので自分の行動、相手の行動はメモに取りましょう。
数日後【私は悪くない】などと言う加害者も近年多くみられます。

⑤ 病院(整形外科)で診察を受ける X線検査 MRI検査など

整形外科で診察を受け、警察提出用の診断書を作成してください
骨や神経に異常は無いかを画像検査で確認していただく事をお勧めします。
尚、診断書は初診時ではなく数日後(2回目あたりに)いただく事をお勧めします
事故直後の興奮が収まり気持ちも落ち着き、体の状態が良く分かった時に専門医に
書いていただく事をお勧めします。ご自身の痛む個所をすべて書いていただきましょう

⑥ 保険会社への連絡

自身の加入している保険会社、もしくは代理店に連絡をして下さい。